どんな車も売却できる

中古車の買取業者は複数ありますが、それぞれ取り扱っている車両は異なります。一般者のみを扱っている業者もあれば、トラックやキャンピングカーを専門とする業者もあります。また、事故車や廃車のような問題のある車でも積極的に買い取りを行っている業者はあるので、自分の売却したい車に合わせて業者を選びましょう。また、バイクを処分したいと思った時はバイク王などバイク買取を専門に行なっている業者に依頼すると良いでしょう。バイク王は多くの人から高い評判を得ているため、安心して買取依頼を任せることができると言えます。

中古車と新車の違いとそれぞれの特徴

安さが魅力・中古車

中古車の良い点は、なんといっても購入価格を安く済ませることができるという点です。当然、再び売りに出しても高価買取は期待できませんが、しやすく車を手に入れたいという時には中古車がおすすめだといえます。

オプションが自由に選べる・新車

新車の魅力は、オプションを自由に選べるという点です。まだ誰も乗ったことのない車に、カーナビやステレオといった様々なオプションを自由に搭載できるので、自分好みの車を手に入れることができます。

売却も購入もお得な中古車

中古車は、処分するにも手続きや費用が必要となります。買取業者に依頼すれば面倒な手続きも行ってもらえるので、自分で処理するよりもお得だといえるでしょう。車を買取してもらったらすぐに別の中古車を安く手に入れることができるので、気軽に車を乗り換えたい人には最適だといえます。

車を売却する流れ

車とお金

信頼できる買取業者を選ぶ

車の査定額は、業者によって大きく異なります。優良な業者であれば高価買取も期待できますが、悪質な業者だと相場よりも安く買い叩かれることがあるので、買取業者は慎重に選びましょう。多少面倒でも。口コミなどを確認して信頼できる業者であると確認が取れてから依頼しましょう。

査定に出す

買取を依頼したい業者が見つかったら、まずは査定に出します。この時に、一社だけでなく複数社に査定を依頼して。最も高額を提示してくれた業者を選ぶと良いでしょう。大抵の業者は無料査定を行っているので、例え買取を断ったとしても査定額を請求されることはありません。

契約を結ぶ

買取を依頼する業者が決まったら、正式に契約を結びます。車検証や実印など必要なものを準備して、業者と手続きを行いましょう。契約を結んだら、業者と都合の良い日取りを相談して車の引き渡しを行います。

車の引き渡し

業者へ直接車を持ち込んでもいいですが、業者が自宅まで車を引き取りに来てくれる場合もあリます。自宅での引き渡しを希望する場合には、契約を結ぶ前に出張引き取りを行っているか業者に確認しておきましょう。大抵どの業者も無料で出張してくれるので、費用を心配する必要はありません。

車の売却は専門業者に依頼〜業者の買取方法と手続きの流れ〜

車

事故車や廃車の処分に必要な料金

事故車や廃車の処分には、解体料が必要となります。また、カーディーラーや中古車販売店に依頼した場合には、処分を行う別の業者へ引き渡すための中間マージンを請求されます。一般車両を処分するのに10万円程度必要となるので、中古車は処分ではなく売却しましょう。事故車や廃車を専門とする買取業者は独自で処分するので、依頼者に手数料を請求するようなことはありません。車を手放すための手続きも行ってくれるので、自信で処分するよりもずっとお得に車を手放すことができます。

車と電卓

優良な買取業者の選び方

買取業者は全国に複数存在しますが、残念ながらその全てが優良業者であるとはいえません。買取業者を選ぶためには、まずは複数社に査定を依頼してみましょう。この時に、相場価格を調べておくといいでしょう。それぞれの業者が示した査定額を見てみて、相場よりも変に高い額を提示する業者は怪しいといえます。契約後に手数料など約束になかったお金を請求される恐れがあるので、相場価格からあまりにもかけ離れた額を提示してくる業者には注意してください。また、車両を見てもいないのに高額で買取を申し出る業者も怪しいといえます。少しでも高額で買取ってもらいたいものですが、あくまで相場価格に沿った範囲内で業者を選定しましょう。

虫眼鏡と車

高価買取のポイント

車に限られたことではありませんが、家電でも楽器でも、きちんと手入れをされているものほど高価買取してもらえます。査定の前には車体を磨いたり、車内を軽く掃除するなど手入れをしておきましょう。修理に出すほどのメンテナンスを行うとかえって高くつく恐れがあるので、あくまで自分の手で行える範囲で構いません。査定するスタッフも人間なので、車は極力きれいな状態にしておきましょう。

車

業者が査定額を決める方法

業者は車の状態を丁寧に調べます。年式や走行距離といったものはもちろんですが、ボディに傷はないかタイヤにスリップサインはでていないかなど、細かくチェックします。全く同じ車種の車でも使用者の扱い方によって査定額は全く異なるので、買取相場額だけを当てにするのではなく、売りに出す際には必ず自分の所有している車を査定に出して価値を確認しましょう。

[PR]
廃車料金を節約したいなら必見!
評判の高い専門店を厳選リサーチ♪

[PR]
事故車の販売・買取を実施中
廃車処分を専門家に相談しよう

[PR]
金融車は実績が豊富な専門業者へ
まずは電話で相談しよう!